MENU

Ado(アド)の印税やYouTubeの収入はどれくらい?年収総額を調査!

Ado(アド)の印税やYouTubeの収入はどれくらい?年収総額を調査!

Ado(アド)さんは、楽曲「うっせぇわ」で一躍有名になり、その後も数々のヒット曲を生み出しています。彼女の収入源は多岐にわたり、印税やYouTubeの広告収入、ライブ収入などが含まれます。この記事では、Adoさんの印税やYouTubeの収入、そして年収総額について詳しく調査し、その驚くべき収入額を明らかにします。

目次

Ado(アド)の年収総額がすごい!

Ado(アド)さんの年収総額について調査したところ、彼女の年収は約4億円と推定されています。この収入は、YouTubeの広告収入、ライブやグッズの売上、タイアップ収入、ストリーミング収入など、複数の収入源から成り立っていることが分かりました。次では、それぞれの収入について細かく見ていきましょう。

①印税収入

Ado(アド)さんの印税について調査したところ、彼女の印税収入は年間で約500万円以上と推測されていました。Adoさんは作詞作曲をしていないため、印税としてはアーティスト印税と言われるCDの定価の1%が入ることとなります。

②YouTube収益

Ado(アド)さんのYouTube収益について調査したところ、彼女のYouTubeチャンネルの総収益は約5億2130万円と推定されていました。また、Adoさんの年収は約1億8287万円とも。これらの収益は、YouTubeの広告収入や再生回数に基づいて計算されています。AdoさんのYouTubeチャンネルは、登録者数が約667万人、総再生回数が約33億5465万回に達しており、これが彼女の高い収益源となっているようです。楽曲は多くのファンに支持されており、今後もさらに収益が増えることが期待されます。

③ライブ・グッズの収入

Adoさんのライブは大人気で、チケットは即完売することが多いです。トートバッグやTシャツなどのグッズも非常に人気があり、これらの売上も彼女の収入に大きく貢献しています。具体的な金額は明かされていませんが、ライブやグッズの収入は年間で数千万円に上ると考えられます。

④タイアップ収入

Adoさんは多くの企業やテレビ局とタイアップしており、CM曲やアニメ・映画の挿入歌などを提供しています。例えば、「ONE PIECE FILM RED」の挿入歌やタマホームのCM曲などは、皆さんも耳なじみがあるでしょう。これらのタイアップ収入もAdoさんの年収に大きく寄与しています。

⑤ストリーミング収入

Adoさんの楽曲はストリーミングサービスでも非常に人気があり、再生回数に応じて収入を得ています。ストリーミング収入は彼女の総収入の約67.7%を占めているといわれており、年間で数億円に達することもあるようです。

Ado(アド)プロフィール

  • 名前: Ado(アド)
  • 生年月日: 2002年10月24日
  • 年齢: 21歳(2024年現在)
  • 出身地: 東京都
  • 身長: 157センチ
  • 血液型: O型(推定)
  • 職業: 歌手、歌い手
  • 所属事務所: 株式会社クラウドナイン

Adoさんは、2017年にニコニコ動画にボカロ楽曲「君の体温」の歌ってみた動画を投稿し、歌い手としての活動を開始しました。2020年10月にメジャーデビューし、代表曲「うっせぇわ」が大ヒットしました。

最後に

Ado(アド)さんの多岐にわたる収入源とその驚くべき年収総額について詳しく見てきました。彼女の成功は、音楽業界における新たな可能性を示しており、今後もさらなる活躍が期待されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次