MENU

羽根田卓也の年収はどれくらい?収入源や家族やご実家について調査してみた

羽根田さんは史上初のアジア人オリンピックメダリストとして大人気。

2016年のリオオリンピックで銅メダルとなり、マイナースポーツであったカヌーを国内に広めた方です。

柔らかい顔立ちと鍛え抜かれた身体でとりこになってしまう女性も多いのだとか。

最近ではいろいろなメディアに出演されていますね。

そんな羽根田さんはいくら稼がれているのでしょうか。

調査してみました。

TOC

羽根田卓也の年収はどれくらい?

羽根田卓也さんは現在ミキハウスに所属しております。

ミキハウスの年収は400万ほどと言われており、

大会の賞金やスポンサーの資金など合わせると700万以上ではないかと推定されています。

羽根田卓也の収入源は何?

ミキハウス

羽根田さんは2013年からミキハウスに所属しています。

リオオリンピックでメダルを獲得した以降スポンサー契約が増えましたが、ミキハウスは古くから支援してくれた会社のようです。

ミキハウスの年収が400万ほどと言われているので、その金額ほど稼がれていると思われます。

最近ではテレビや雑誌などにも出られているほど人気が出ていますね。

カヌーを広めたいという意志が強くその為には自分を知ってもらう必要があるので多くのマスメディアに登場しているようです。

賞金

大会は様々ありますが、日本だけでなく海外でもカヌー競技はマイナーなスポーツと言われています。

その為、賞金の金額はあまり高くなく、20万前後

スポンサー

現在契約しているスポンサーの数は8社。

・ミキハウス

・シャネル

・マイナビ

・アディダス

・ポルシェ

・アネッサ

・JAL

・シャネル

・株式会社マイティ

すごい数ですね!!

インスタでよくポルシェの高級車に乗っていたりと華やかな生活を送っているように見えますが、スポンサーからの支給品が多いのかもしれません。

ご実家は??羽根田卓也はおぼっちゃま??

お父様やお兄様から影響を受けてカヌーを始めた羽根田さん。

そんな羽根田さんのご実家はどのようなご家族なのでしょうか?

カヌーはとてもお金のかかる競技です。

高校卒業後には単身でスロバニアに留学し、その間とてつもない額の仕送りを長い間してもらっていたと以前話していました。

そのような余裕のあるご実家のようですね。

お父様は1級建築士でご自身で事務所を経営されています。

1級建築士は年収約650万。しかしお父様は社長でもあるため更に多く稼がれていると推測できます。

お金があるご家庭だったのでしょう。

結果お坊ちゃまのようですね。

しかし、「バイトをするよりも練習しろ」と言われていた羽根田さん。

自分のしたいことを思う存分させるご両親だからこそ、羽根田さんのような素直で直向な方に育ったのでしょう。

羽根田卓也の年収まとめ

いかがでしたか?

額面では十分過ぎる金額ですが、思ったよりも少ないと感じた方もいるのかもしれません。

しかし、お金としてでなく支給品など違う形でのサポートが厚くなっているようです。

そのほうが羽根田さん的にも安定した練習ができていいのかもしれません。

これからもカヌーを広めるため日々努力されていく羽根田さん。

今後のご活躍が楽しみです。

Let's share this post !
TOC