MENU

山本耕史の年収はどれくらい?妻・堀北真希の方が稼いでいる?気になる年収を調査してみた!

現在放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」でもメインキャストとして出演し注目を集めている山本耕史さん。

子役時代から活躍し続けている彼は、2015年には女優の堀北真希さんとのご結婚を発表され話題になっていました。

そんな彼の気になる年収はどのくらいなのでしょう。

ここでは山本耕史さんの年収や収入源を調査しました!

TOC

山本耕史の年収はどのくらい?

映画やドラマだけでなく舞台などにも出演しマルチに活躍している山本耕史さんの年収が気になりますよね。

山本耕史さんの収入は映画やドラマ、舞台が主な収入源となっていますが、そのほかにも個人のファンクラブもありそこからの収入も含まれてきます。

広い場で活躍を見せる山本耕史さんの収入源について詳しく説明していきます。

山本耕史の収入源とは?

収入源推定収入額
ドラマ・映画(1本)500万
舞台・ミュージカル(1ステージ)10万
ファンクラブ(年間)4000万
テレビ出演(1本)20万

ドラマ・映画

ドラマや映画は一本または一話で大まかな出演料が決まっており、主役レベルの役者さんであると一本または一話の出演料で100万〜500万円になるそうです。

連続ドラマだと1作品で10〜12話ほど出演することになるので、1クール(3か月)の出演で1000万〜6000万ほどの収入になります。

山本耕史さんの場合、主役級の俳優さんのうえ、2022年現在ではドラマは大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を含めて3作品、映画は4本出演されています。

一本500万を基準とすると、軽く1億円は超えそうですね。

しかし、大河ドラマを放送しているNHKはギャラが安いことで有名らしく、主役クラスの役者でも1話30万〜40万が相場だそうです。

山本耕史さんは今回の大河では毎回出演している主役クラスの役ですのでトータルで1500万ほどの収入になるのではないのかと予想できます。

舞台・ミュージカル

山本耕史さんはこれまで数々の舞台・ミュージカル作品にも出演しています。

舞台やミュージカルの出演料は一公演分で決まっていることが多く、役者のレベルによって相場が変わっていきます。

一公演分の相場は、新人クラスでは5000円程、ベテランクラスでは3万円程で、知名度の高い俳優さんであれば10万円程になる場合もあるそうです。

山本耕史さんは間違いなくベテランクラス以上の俳優さんですので、1公演10万程の収入になるでしょう。

2022年は大きな舞台には出演されていませんが、2023年3月に上演が発表されたミュージカル『太平洋序曲』ですと、地方公演含めて20公演程出演されるので200万程の収入になるのではないかと予想できます。

舞台は稽古期間中の収入はないですが、一つの舞台だけでここまでの収入があるのは流石ですね。

ファンクラブ

山本耕史さんには「MAGNUM1031」という有料のファンクラブサイトがあります。

ファンクラブの料金は、年会費が4000円で入会金が2100円です。

会員特典には本人からのメール配信サービスや、会員限定イベントの開催、会員限定グッズの発売などがあります。

ファンクラブの会員がどのくらいいるのか詳しくは分かりませんが、仮に1万人だとすると年会費だけでも年間で4000万の収入を得ることになります。

テレビ出演

不定期ではありますが山本耕史さんが出演しているテレビ番組は幾つかあります。

テレビ番組での出演は放送される時間帯で差は出てきますが、一時間の番組で10万〜30万程になります。

山本耕史さんは現在レギュラー出演されている番組はなく、ほとんどがゲスト出演になるので、あくまで予想にはなりますが、年間で200万前後の収入になるのではないかなと思います。

妻・堀北真希より稼げていない?

山本耕史さんと言えば2015年に女優である堀北真希さんと結婚したことで話題になりました。

しかし、堀北真希さんは2017年に芸能界を引退しています。

女優として最前線で活躍していた頃は年収1億円などと噂がありましたが、あくまで噂なので真相は分かりません。

芸能界を引退した後は主婦として生活しているそうなので収入はないと思われます。

ですので現在は山本耕史さんが家族のため収入を得て暮らしているのだと思います。

山本耕史の年収まとめ

今回は山本耕史さんの年収についてお伝えしました。

ドラマ・映画・舞台など様々なところで活躍されており、収入も多いことが分かりました。

今でも十分ご活躍なされていますが、今後もさらなる活躍に期待したいですね!

Let's share this post !
TOC