MENU

ファイトマネーは億超え?【プロボクサー】井上尚弥の年収を調査

ファイトマネーは億超え?【プロボクサー】井上尚弥の年収を調査

プロボクサーの井上尚弥さんは、日本を代表する世界的なチャンピオンです。彼は現在、WBA・IBF・WBOの3団体のバンタム級王者であり、無敗のまま20戦連続KO勝利を記録しています。そんな井上尚弥さんの年収は、一体どれくらいなのでしょうか?

目次

井上尚弥 年収は億越え確定!詳細を徹底調査

井上尚弥 年収は、公開されている情報によると、約10億円と推定されています。その内訳は、主にファイトマネーとスポンサー収入で構成されています。ファイトマネーは、試合の規模や相手によって変動しますが、一試合につき数億円のレベルだそうです。スポンサー収入は、井上尚弥さんが契約している企業からの支払いで、彼の人気や実績に応じて増加しています。

ファイトマネー

井上尚弥さんは、日本のプロボクサーの中でも群を抜くファイトマネーを稼いでいます。日本チャンピオンの平均ファイトマネーが約50万円とされるなか、井上尚弥さんは一試合で億単位のファイトマネーを手にしています。これは、彼が世界のトップレベルの選手であり、20戦全勝のKO率100%という驚異的な記録を持ち、海外でも高い人気と評価を得ているからです。

スポンサー契約

井上尚弥さんは、プロボクサーとしての活躍だけでなく、スポンサー収入でも大きな収益を上げています。彼は現在、8社とスポンサー契約を結んでおり、その契約金は1社あたり平均で約7,000万円と推測されています。これは、彼のスポンサー収入の総額が約6億円になるということです。さらに、2021年6月にラスベガスで行われた『WBAスーパー&IBF世界パンダム級タイトルマッチ』で3R-KOで勝利したことで、彼の人気はさらに高まりました。その結果、6、7社の大手企業が新たにスポンサー契約を申し込んだと言われています。これにより、彼のスポンサー収入は現在の契約と合わせて10億円を超える可能性があります。

CM報酬

2021年頃に契約していたCMは、約3,000万~4,000万円だったと言われています。しかし、その後も圧倒的な強さで勝ち続けたことで、契約金は7,000万円までアップしたとのこと。さらに、現在も増え続けているという話もあります。これは、他の有名なボクサーと比べても、かなり高い水準です。例えば、フロイド・メイウェザーさんやマニー・パッキャオさんのCMのギャラは、約1億円を超えているとも言われていますが、彼らは世界的に知名度が高く、ビッグマッチで巨額のファイトマネーを得ています。

メディア報酬

残念ながら、井上尚弥さんのメディア出演料は、公式には明らかにされていません。しかし、一般的なメディア出演料の相場は、1本当たり約30万円と言われています。井上尚弥さんも、このくらいの金額をもらっていると考えられるでしょう。

著書の印税

彼は、これまでに3冊の本を出版しています。これらの本は、ボクシングファンだけでなく、一般の読者にも好評を博しています。では、彼はこれらの本の出版によって、どれくらいの収入を得ているのでしょうか?一般的に、著者は本の売上の10%前後の印税をもらうと言われています。つまり、本の定価が1000円だとすると、著者は100円をもらうということです。しかし、井上尚弥さんの場合は、彼の人気や実績を考えると、もっと高い印税率を交渉できる可能性があります。

最後に

井上尚弥 年収について、詳しく調査しました。約10億円以上という驚異的な数字が予想できました。これは、彼がボクシングの世界で圧倒的な実力と人気を誇るからでしょう。彼は、ファイトマネー、スポンサー収入、CM報酬、メディア報酬、著書の印税など、さまざまな収入源を持っています。彼は、日本のみならず、世界のボクシング界において、最も注目される選手の一人です。彼の今後の活躍に、期待しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次